2018年07月16日

祭りの終わり

W杯はフランスの優勝で幕

予想当たっちゃったなぁ(笑)
totoやっときゃ良かったw

とは言え
内容的というか当たったのは勝ったチームだけで
試合展開は全てが真逆でした(笑)

フランスがあそこまで勝利に拘るサッカーをするとは…
クロアチアも3試合連続で延長に行くとは…

決勝が思った以上に殴り合いになるとは…

決勝のフランスの1点目と2点目が
誤審ではないかという論争が起こってるみたいですが
管理人的には「それもフットボール」なんじゃないかなぁと…

確かにFKのファウルはグリーズマンのダイブに見えるし
ペリシッチのハンド判定も厳しいといえば厳しい判定ですが
今まで見てきたサッカーの試合で
あんなのゴマンとあったのでは?

今大会からVARが導入されたわけですが
あれはあくまで審判補助のものであって
結局は裁くのは主審なわけで…

主審に納得行かない試合なんてこれまでも、多分これからも
わんさか出てくるハズ

それが世界一を決める大会の決勝だったから
過剰に話題になってるだけで…

今大会のクロアチアは本当に素晴らしいチームで
優勝するのに値するとは思ったのですが

もしもあの決勝の最中に
主審の裁定を受け入れられずに試合を進めていたのならば
それが勝利の女神に振り向いてもらえなかった理由なのではないかと…

記事でしか読んでないので真相は分かりませんが
後半頭にモドリッチが審判に誤審の話をしてたとか
試合後コーチが誤診の審判に怒ってたとか…

デンマーク戦、ロシア戦、イングランド戦と
難敵相手に難しい局面を自分達で切り開いてきたチームが
もし決勝で失点の原因を審判に当てつけてたのなら…
気まぐれな勝利の女神は決して前髪を垂らしてくれませんねぇ…

で、フランス


この決勝も決してフランスらしいサッカーが出来てたわけではなく
キーマンの一人だったカンテもイエローカードを受けて
試合途中で交代させられてました

それでも「勝つ」タフさ

2年前のユーロ決勝で
C.ロナウドのオーラに熱されたスタジアムの空気に負けてたあのチームは
今大会本当にタフなチームになってました

決勝トーナメントの相手は
ウルグアイ、アルゼンチン、ベルギーと
難敵も難敵ぞろいに勝ちきっての優勝


今大会MVPはクロアチアのモドリッチでしたが
影のMVPはポグバだと思います



4年に一度のお祭りは終わりまして
また日常のサッカーが戻ってきます

待ちくたびれたサポーターもあれば
現実に引き戻されて嘆くサポーターもいます

一つの勝ちと一つの負けに悲喜交交なのは
W杯もJリーグも草サッカーも変わらないもので…

今週からJ1リーグは再開され、来月はインターハイやアジア大会もあり
そうこうしてると年明けにはアジアカップが開催されます

18-19シーズンからDAZNでCLも放送されるそうで
いやホント楽しみ
(スカパーマジでヤバイ)

で、気がつけばまた4年後になってるんじゃないかなと思います


今度の舞台は中東のカタール

冬開催らしいけど…暑いでしょうねぇ(笑)


楽しみに4年後を待ちたいと思います…


4年後…管理人アラ50だなぁ…(;´Д`)
posted by Y's at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

まずは

W杯準々決勝

まずはフランスとベルギーが勝ち上がり



予想通りw


いやいや今さらのタイミングやけど
管理人ちゃんとこの二ヶ国って予想してましたよ?

ウチの飼い主様が証人ですから


いやマジで




すでに帰国してチームも解散してますが
我らが日本代表について

試合後の品格ある行為等も含めて
なんと言っても優勝候補ベルギーを追い詰めた試合内容に
世界からも高評価な訳ですが


敢えて厳しく言えば
確かに負けは負け
4試合で1勝しかしてない…


いやまぁ確かにそうなんやけどね…


そうではあるんやけど…

日本人として
この日本代表を誇りに思わずにはいられないよねぇ

大会前の評価や状況からの見事な反発心
薄れていた国民の興味を見事に引き戻し期待へと変えてくれました


今大会の日本代表には「勇気」を感じました


前回大会で完膚なきまでに叩きのめされたコロンビア
世界最強のストライカーレヴァンドフスキを要するポーランド
アフリカとは思えない組織力と個人能力が高いセネガル
そして優勝候補最強の黄金世代ベルギー


そら悲観的にもなる相手の上に
大会2ヶ月前に監督交代して
ドッタンバッタンな日本

前監督ハリルの通訳さんのお兄さん(めんどくさいな)が
「ハリルホジッチならベスト4行けた」とか言ってるそうですが
少なくとも管理人にはそのイメージがまるっきり湧かない

ハリルホジッチのチームの特徴とは?
局面局面での個人能力を上げてデュエルに勝つ
マイボールになったら素早いポジトラで
一直線にゴールを奪う…ですかね


決して悪くないサッカーだとは思うんですが
根本的に「日本人」に合ってないんじゃないかなぁと…


個人能力を上げるってのはつまりデュエルに勝てるようになれってことで

手足が短くしなやかな筋肉が付きにくい
モンゴロイドである日本人

そこには個人では決して超えられない人種能力の壁があります

モンゴロイドが決して劣ってるわけではないですが(個人個人の能力値の違いもある)
筋肉の質や、リーチの差は如何ともしがたいわけで…

あとは国民性かな…


勤勉で協調性高く求められた仕事に責任感を持つ
その癖融通は効かない(笑)

そのあたりに合うサッカーであったかどうかは疑問


あとなんといっても
ハリルホジッチの問題は選手や協会との信頼関係を築けなかったこと

傍から見てても分かるもんねぇそういうとこ


ハリルホジッチで勝てるイメージが湧かないってのはそういう所でした



逆に今大会の日本代表は
監督選手スタッフの揺るぎない団結心を感じました

どんな強敵でも怯まないのは支えてくれる仲間がいるから

監督は選手を信頼し、選手はその信頼に全力で応えようとするから


日本は「強かった」



ぶっちゃけ日本がベルギーに勝てるイメージが
全然なくて
でも何かしてくれる期待があったことは確かで
結果的には負けてしまったけど
新しい世界への扉を開きかけたニッポンの強さ



「信頼」と「協調性」
そこから汲みだされる「勇気」こそが
日本の最大の武器なんだなと…



今大会で解散するのがもったいない気もするけど
その武器を忘れなければ
日本はもっともっと強くなれるような気がします



後任はクリンスマンとか…



どうなのか…いきなり迷走してないかなぁ(´Д`)ハァ…




日本に限らないんやろけど
やっぱ協会に問題あるんじゃないかなぁ…



そしてそのハリルホジッチがお隣韓国の代表監督候補とか



同じモンゴロイドでもバイタリティガツガツな国民性のお隣なら合うかもしれないですなぁ…



来年のアジアカップが今から楽しみですよぉ




その前に




いよいよクライマックスの近づくW杯


ベルギー…日本戦のベルギーとは違ってたかな(笑)

もちろんベルギーの
日本戦とブラジル戦への試合への臨み方が違ってたかもしれないですが…


アザールとルカクが凄すぎた


日本戦と違いすぎて引くわーw



メッシ、C ロナウド、イニエスタ、スアレス
そしてネイマール

大会の主役になるだろうと思われたスーバースターが悉く大会を去り
眩いばかりの新星が次から次へと現れる今大会


この大会で次世代を担う新たなスターが生まれるのか楽しみです


一応管理人予想


ベスト4
フランス  ベルギー  クロアチア  イングランド

決勝
フランス  クロアチア


優勝
フランス


優勝予想、ベルギーとクロアチアにだいぶ揺さぶられてますが(笑)

モドリッチ凄すぎなのですよ…

でもやっぱフランスで…


カギを握るのはポグバとカンテのボランチ

あのダブルボランチ、まさに「ハンパないw」


posted by Y's at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

決勝トーナメント

なんだかんだとグループリーグも終わりまして
今大会のベスト16が決定いたしました


あー…うーん…

ドイツとポーランド以外は
概ね大会前に一般的に予想した面々なのではないでしょうか?

そのドイツとポーランド
試合見た方はみんな思ったでしょうけど
まぁ酷い(笑)

ミス多くて連動しなくて個人のエゴが強すぎて
決定的なシーンも何故かゴールに嫌われる

負けるチームの典型的な内容
それでも個人の力で勝つこともあるだろうけど
結局そこまでで…

これで3大会連続で
前回王者がグループリーグで姿を消すという
W杯の新たなジンクスが(笑)

まぁ世界王者になると滅多なことでないかぎり
新陳代謝で新しい選手をドメスティックに試せないやろし
そんな同じ面子で4年も続けるとマンネリになるよね

流水は腐らず  淀む水には芥溜まる


4年前の日本もそうでしたねぇ…
こりゃアカンと大会前に新しい水を入れたら
それが劇薬だったっていうね…


さて、そんな日本代表

今大会の日本は
ハリルホジッチの時に
常に流水のように流れてはいたけど
流れない方向に無理に流そうとして泥水になってたみたいな…?
それが西野監督になって
ちゃんとした水路にしっかり流れ始めたら
きれいな清流水になったって感じ

やる事はっきりして流れてるので淀みもない

イイカンジでグループリーグ突破できたんでないかなと思います


で、例の時間稼ぎね



毎回思うのですが
何が悪いの?


試合終盤
一点負けてるけどセネガルも1失点で負けてる
このまま行けばイエローカード数で日本が上に進める

この時点で監督に委ねられた選択肢は2つ
あくまで勝つために点を取る為攻めるか
試合を凍らせて時を待つか

Jリーグのサポーターなら
特にガンバとセレッソのサポーターなら
西野朗という人物がどちらを選ぶかわかるはず

攻めきる

ナンボ失点してもまえがかりに攻めて攻めて攻めまくる

彼の信条はあくまで攻撃サッカーです

その信条のもと
ガンバはJリーグ屈指のGun and Runのチームに
そして当時のガンバにセレッソは苦渋を飲まされ続けました


そんな西野監督があのとき選んだ選択は


試合を凍らせること


一点を取るためにリスクを侵して攻めて失点したら…もしくはイエローカードをもらったら…

あの時すごくすごくすごく色々考えたんだと思います

確かにセネガルが得点したらそこで破綻する選択肢ですが
相手のコロンビアもぶっちゃけ一位で突破したいハズ
(トーナメント右の山の難易度の低さよ)
それならやすやすと失点しないだろうってのが一つ
ポーランドの選手が接触プレイで倒れると
比較的容易にイエローカードが出やすかったのが一つ
実際に槙野がもらったイエローは
見えない位置からのレヴァンドフスキのタックルなのであまりにも気の毒

で、審判がアフリカ人だったってのもあるかも

もちろん審判に私情はないでしょうが
実は今大会アフリカ勢が一国もベスト16に入ってません
最後の砦としてセネガルに…って気持ちがないとは言えず日本はイエローを出されやすい環境でした


少しの危険もおかせない


全ては日本サッカーの未来のために
決勝トーナメントに、次のステージに進むために


西野監督はその信条を曲げました


勇気のいる事だと思います

試合後の監督選手は喜びより安堵感と疲労感で
なにより表情が冴えませんでした

誰もがわかってるからです
最初から負けようと思って試合に出るはずない

あの限界の状況だからこその判断

そこにとやかく文句言っていいのは…
当日に高くないお金を払って試合を見に来たロシア人の観客だけです


現地にも行ってない
監督選手の葛藤を理解しようともしない

己の価値観で安易に批判する人達の心情がしれんのです

いろんな意見や思いがあってもいいと思うけど
美しく散れとかみたいなこと口が裂けても言えない

日本のサッカーファンなら分かるハズ



未来を他の試合に委ねたことがアカンって意見も見たけど
僕はアレは監督の賭けだと思いました
セネガルが追いついたらすべてを失うような
ハイリスクの賭け
その賭けに勝ったからこそ
日本のベスト16っていうハイリターンが手に入ったわけで…

あの試合批判してた人はもう日本の試合は見ないのかな?
あんな戦略を取るチームに幻滅して見る気なくしたかな?

いいんでない?

ちょうど試合は深夜やしゆっくり寝てたらいいよね


これからもあのような状況になったら
日本サッカーは同じようなコトをするハズ
そもそもそんな状況にしないようにがんばるはずですが(汗)
それが歴史としての積み上げであり
次のステージに進んだ日本サッカーが得たものの一つなんだと思います


もう一度



何が悪いの?





今こそこの曲を日本代表へ



「見たこともない景色」鬼ちゃんver.




かわしたわけない約束
守ることのために走る
日本の風に背中押されて
日本の太陽に未来照らされて
泥臭くていい
かっこ悪くていい
そこから見える景色
同じ景色を見よう
たとえゴールが見えなくても
たとえその先に答えがなくても
迷いなく君は歩みだす
無駄かもしれなくても
意味さえなくても

posted by Y's at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

2周目終わり

W杯
早くも各チーム2試合が終わり
明暗が分かれてきました

なんかさっきAグループの全試合が終わったんですが
いやー…やっぱロシアは開催国ブーストかなぁ…
地味にウルグアイが上がってきたなぁとは思うんですがロシアもウルグアイも
決勝トーナメント一回戦はスペインORポルトガルの可能性が…

フツーに考えればまぁ厳しいわけですが
今大会の流れがいまいち読めないので分からんもんねぇ…

もしかしたらイラン来るかもしれん

他のグループで2試合が終わり
グループリーグ突破を決めてるのは
グループCのフランス
グループDのクロアチア
グループGのベルギーとイングランド

フランス以外は今大会の強国の呪縛に囚われることなく
のびのびと試合をしてサクッと突破を決めてますね

試合見るとベルギーとかもうどうやったら勝てるのか(笑)
まだクロアチアやイングランドはつけ入るスキとかありそうなんすけどねぇ…

さてそんな中
アルゼンチンブラジルドイツという
Sクラスの国がいまだに突破を決められてません
アルゼンチンなんかほんまヤバイ
メッシはこの土壇場でマジックを見せられるのか
W杯の女神はメッシがお好みでないようで…
まずはW杯の女神より幸運の女神の前髪を掴まないと…
なんぼなんでもメッシシュート外し過ぎや…

ブラジルドイツは…うん、多分ちゃんと突破してくるやろ←(楽観視)


で、だ


個人的にアジアのチームの成績が気になるもので…
2026年大会からアジアの出場枠は8
もう予選でドキドキすることはないと思うので
おそらく次のカタール大会予選が最後のドキドキ予選

アジアの成績によって次の出場枠が決められるので
各大会でのアジアのチームは責任があります

特に次回は日韓大会以来のアジア開催
カタールの出場が決まってるので
アジア枠は何枠になるのやら?

今現在グループリーグ突破の可能性あるアジアのチームは
グループBのイラン
グループCのオーストラリア
グループFの韓国
でグループHの日本

サウジアラビアは残念ながらグループリーグ敗退してしまいましたが
最終戦の対エジプト
見事な勝利

今の所今大会のアジアの成績は3勝6敗2分
この成績いいのかどうか分からない(笑)

出来ればねぇ… カタール抜きで現在の4.5枠は残したい…

ちなみに最終戦の相手は
イランがポルトガル
オーストラリアがペルー
韓国がドイツ
日本がポーランド

欧州3つと南米一つ

理想は4勝できれば3勝なんとか2勝
1勝0勝は考えない

いや1勝でもいいやw

一つでも多くのアジアのチームが勝ち残れますように…



決勝トーナメント進出チーム

ロシア   ウルグアイ
フランス   クロアチア
ベルギー   イングランド



よぼの優勝予想


フランス



日本もね…まだグループリーグ突破決めてないので
しっかり気を引き締めてまいりませう
( ゚∀゚)o彡°ニッポン( ゚∀゚)o彡°ニッポン

posted by Y's at 02:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

開幕から一週間

W杯も各グループ2周目に入りました
開幕して一週間
日本代表の事は置いといて
全部の試合録画してみてますけどねぇ…

開幕前の優勝候補は
ありきたりですがブラジルドイツスペイン中心に
フランスベルギーアルゼンチンが絡んでくるんかなぁみたいな?

優勝はムリかもやけど
前回大会のコロンビア10年のウルグアイのような
ダークホースがポルトガルかポーランドと予想してました

で、あえて優勝はどこ?ってなったら
周りにはフランス来そうって話してたんですけどね…

一周終えての感想は
新しくユニフォームの胸に星を付ける国が出てくるのか?

いわゆる真っ先に浮かぶ優勝候補が
どこもかしこも苦戦しまくる一周目

下馬評通りの実力を見せつけたのはベルギーだけ
勝ったフランスやウルグアイも辛勝やったし
前回優勝国に至ってはメキシコにサクッと…

いわゆるGIANT KILLINGってヤツが軒並発生中の今大会

そんな大会で眩いばかりの輝きを放ってる選手が一人


欧州王者ポルトガルの絶対的象徴
CR7クリスティアーノ・ロナウド

開幕でスペイン相手に圧巻のハットトリック
2戦目のモロッコ戦でも唯一の得点をマーク
スペインのジエゴ・コスタと共に得点王争いの主役に躍り出ました


試合見てりゃ一目瞭然やけど
チャンス!って時以外は気持ちいいくらい走らない(笑)
クリロナにボールが渡ると8割方ゴールされるんで
対戦相手はその前にボールホルダーを潰して
クリロナに持たせないようにしてるんですが
ポルトガルのサッカーが
クリロナに如何にシュートを打たせようかってところから逆算されたサッカーなので
なかなか止めようがない

アルゼンチンも同じようなサッカーなんやけど
当のメッシがPKを外すとかイマイチ調子が上がってない

アグエロディマリアマスチェラーノと
稀代の名選手が揃っているんやから
メッシに頼らんくともどうにかならんのか…

今安定して強いのはベルギーと開催国ロシア

ただロシアはやっぱり…開催国ドーピングじゃないかなという気がします


開幕前のテストマッチでドイツはサウジ相手にてこずってたのを見て
意外にドイツないんちゃうかな?と思ってたんですが次のスウェーデン戦で決まりそう…敗退が…

イングランドもねぇ…チームが若いねぇ…
日本がおっさんすぎるってハナシやけど
実はロシアやアルゼンチンの方がおっさんなんすよ?(笑)

そこら辺と比べてもイングランドは若すぎる

平均年齢26歳は…
ルーニーもジェラードもテリーもいなくなったイングランド
順調に行けば次のカタール大会が本当の優勝候補…なハズ


今大会個人的はやっぱりフランスかな

意外に20年ぶりの戴冠もあるんでないかなと思ってます

グリーズマンはもちろんですがジルーやデンベレ
初戦はサブでしたがマチュイデイ
ボランチはカンテとポグバ

ポグバは初めてそのプレーを見たときから衝撃的でした

靭やかで早くて柔らかくて
それでいて固くて重くて…
まるで巨大な岩が自在に形を変えながら動くって感じ

初戦の決勝点もポグバでした

そしてなんつっても
「将軍」の背番号10番を背負うのが
まだ十代のエムバペ

フランスもそこそこ年長者が多いのに
平均年齢が低いのは彼が引き下げてるから(笑)

ただし伝統の10番を背負うってことは
それほどの実力って事です

怪童…楽しみですなぁ


ただ今現在対ペルー戦見てるけど
フランス、まだチームコンディション上がってないのかな?(笑)


ペルー、かなり強いらしいんですけどね…

ちなみに今大会のフランスのユニは
個人的にバッドデザイン賞です

青二色の重ねは
日本代表もあったけどあれダサいですなぁ




決勝トーナメント進出チーム

ロシア   ウルグアイ



よぼの優勝予想


フランス






閑話休題



今大会はセットプレーやPKでのゴールが多い
その割には前回大会より総得点が低いとか…

言うまでもなくVARの影響がデカイ

本来PKが多い大会は
スペクタルもないしイマイチなんですが
今までは疑わしきは罰せずだったPA内の反則が
ほぼ確実にリプレイでバレるのですから
ぐうの音も出ない(笑)

手癖の悪い選手は使われなくなるんじゃないんすかね?
個人的には曖昧な事象で試合が決まってしまう事が少なくなるならバンバンVARやってほしいっす


早くJリーグでも取り入れんかね?

今年のJの開幕戦の副審のミスジャッジで取り消されたゴール決して忘れないからなw


で、ニッポン


開幕前とは手のひら180℃返したこの盛り上がり


青いユニのシンジとイヌイの黄金コンビを
10年越しに見られる嬉しさはセレッソザポなら誰もが感じるハズ

これに蛍が絡めばもっと楽しい(笑)


次のセネガルはおそらくグループ中最強
兜の緒も褌もしっかり締めて臨んでほしいです





お?フランス先制
エムバペ(゚∀゚)キタコレ!!
posted by Y's at 00:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

女の子(設定のハズ)なのに…

名古屋の有名なお嬢さん「ナナちゃん」
オシャレな方でね…定期的に化粧直しされるのですよ


W杯も明日から始まるし
てっきり代表ユニとかかなぁと思ってたら


2505FDCD-6788-4EBD-AF47-C3E4A7BBB345.jpg




チューバッカ







ナナメウエから来た





ハン・ソロ、29日から公開ですね…






来月見に行きます
楽しみ(*´∇`*)
posted by Y's at 01:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

フォースとともにあらんことを

本日5月4日はスターウォーズの日
May the Force be with you.
「フォースとともにあらん事を」

明日はこどもの日なんでね


8C9C299B-C2FC-46C6-B2C8-73F88020F412.jpg


30万超える(;´Д`)


来月にはスピンオフのエピソードハン・ソロも公開されるし
いやー、楽しみですなぁ


そんな本日はスターウォーズの日ですが


管理人たちは
レディ・プレイヤー1を見に行ってきますw


メカゴジラ対ガンダム見るですよー
posted by Y's at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

手応えなっしんぐ

8C3B8816-CE7E-49BE-9E5E-B267CA52FB66.png


管理人自身はバディファイトやらないんですが
Twitterとか見るとかなり使える…つーか強いカードらしいのですね



手応えがなかったんですよねぇ(笑)


関わったのが人気なのはウレシイもんですが
仕事しながら「なんだろこれ」と思ってました



こらきっと強いカードだぜぇ!なんて思いながら仕事したのは

EA41C1EE-6BE7-47DF-8857-B9B37DB0A453.png



主役三体揃い踏み



そんな大した効果はない模様(笑)





仕事の手応えとカードの強さは反比例ってコトですな



分からんもんだ
posted by Y's at 02:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

2018

今年の門松

7BFC9AC2-A976-4C2A-910F-908B85D44C34.jpg


なかなか派手



2018
新年明けましておめでとうございます

例年になく更新が滞る零細サイトですが
気がつけば更新してるかと思いますので
何卒よろしくお願いいたします


あ、クリスマスのやつまだあるわ(;´Д`)
posted by Y's at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

時間を忘れるオモシロさ

観てきた

B30F3154-4E36-45B4-908E-51E39707FEC7.jpg



飼い主様は帰省中

飼い主様、あまりSWには興味ないので
一人で観に行くにはこのタイミングしかなかった

一緒に行こうよと誘ってはみたけど
興味ないものは仕方ない
例えば飼い主様がミュージカルとか好きだとしても
興味ない管理人は誘われてもめんどくさいだけやしねぇ
飼い主様ミュージカル好きって聞いたことないけど
実際どうなのかなw


最新作エピソード8最後のジェダイ

フォースの覚醒もかなり面白かったけど
個人的には8の方が更に面白かった

酷評する人達は一定数いるし
こんなのSWちゃう!って人は
それこそ勝手に頭の中に自分だけのSWあるんやろしなぁ…(悪いことではない)

そういうのを分かった上で敢えて
管理人は最高に面白かったと思う

ルーク…あんたカッコイイよ…カッコよすぎるよ…
昔見たあのルークがさぁ…


追い詰められた反乱軍の前に現れるシーン

「最後のジェダイは…私ではない!」っていうあのシーンのカタルシス…たまんねぇなおいっ!


個人的にジーンと来たのは
ホルド提督…「いい女」でした…



あと今回結構コミカルなシーン多めだった気がします

ポーとサックスの掛け合いとか
次々ショートするXファイターにあわてふためくBB-8とか

ポーグのあの粒らな瞳で見られたら
そらチューイも食べるの躊躇うよなとか(笑)


ちなみに敵方のあの人とあの人は…
たぶん生きてて9にも出るんじゃないかなと予想

次回エピソード9は
2019年5月公開だそうで

その前に来年のソロのスピンオフやな

ローグワンもそやったけど
意外にディズニーになってからのSWかなりおもしろw



デアゴスティーニの週刊スターウォーズR2-D2気になるわー


posted by Y's at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。